Search all MERLOT
Click here to go to your profile
Select to go to your workspace
Click here to go to your Dashboard Report
Click here to go to your Content Builder
Click here to log out
Search Terms
Enter username
Enter password
Please give at least one keyword of at least three characters for the search to work with. The more keywords you give, the better the search will work for you.
select OK to launch help window
cancel help

MERLOT II




        

Search > Material Results >

学術俯瞰講義 2010「法と現代社会-見える法と見えざる法」

        

学術俯瞰講義 2010「法と現代社会-見える法と見えざる法」

Logo for 学術俯瞰講義 2010「法と現代社会-見える法と見えざる法」
講義概要鼓腹撃壤の故事によれば、帝王世紀の太平の世に、ある老人が「日出でて作し、日入りて息(いこ)い,井を鑿ちて飲み、田を耕して食らう,帝の力何ぞ我に有らんや」と歌ったとのことである。この故事の真意は、「神の見えざる手」のように「目には定かに見えねども」、「帝の力」はユビキタス(普遍)に、その「高いわざ」で世の太平を支えているという点にあるとされる。この「帝の力」のユビキタスな在り方は、そのまま「法」に当てはまる。人々も、企業や組織も、その日々の活動において、「法の力何ぞ我に有らんや」と謳歌しているが、そのような太平の世の安寧は、「見えざる法の手」が機能しているからに他ならない。この「見えざる法の手」が可視化するのは、社会の中の変化する領域においてである。そして、現代社会はさまざまな領域において激動していることをその特色としている。その点は、20世紀末、例えば1990年代の世界と、今世紀のこの数年の世界の在り方とを比較して見れば一目瞭然であろう。たとえば、再生医療等の医学分野、インタネット等の情報分野、発明発見等の科学技術分野、市場のグローバライゼイション等の経済分野、景観・眺望・日照... More
Material Type: Online Course
Date Added to MERLOT: June 09, 2011
Date Modified in MERLOT: June 09, 2011
Author:

Details

  • Editor Review (not reviewed)
  • User Rating (not rated)
  • Comments (none)
  • Learning Exercises (none)
  • Personal Collections (none)
  • Accessibility Info (none)

About

Primary Audience:
Mobile Compatibility: Not specified at this time
Language: Japanese
Cost Involved: no
Source Code Available: unsure
Accessiblity Information Available: unsure
Creative Commons: unsure

Connections



QR Code for this Page

Browse in Categories

Discussion

Discussion for 学術俯瞰講義 2010「法と現代社会-見える法と見えざる法」

Log in to participate in the discussions or Register if you are not already a MERLOT member.

Return to Top of Page