Material Detail

利害・役割・制御の構造

利害・役割・制御の構造

社会現象は、ゲーム(利害システム)と芝居(役割システム)から構成されることを宣言し、それがどのような特性を持つかを明確にしたもの。僕の研究生活の基本となる認識・分析枠組で、これが理解できれば、僕がどのように社会を解読しようとしているか、すっきりと理解できる手掛かりになります。ぜひ、みなさんも活用してみてください。具体的な社会事象にアプローチする経験を100回すれば、きっとこの枠組が有効であることを実感することでしょう。頑張って、活用してみてください。

Rate

Quality

  • User Rating
  • Comments
  • Learning Exercises
  • Bookmark Collections
  • Course ePortfolios
  • Accessibility Info

More about this material

Comments

Log in to participate in the discussions or sign up if you are not already a MERLOT member.
hidden